2015年06月06日

梅雨の晴れ間の白い日に

DSC00454 のコピー.jpg

30年近く前に書いた詩(+曲)である。そのころまだ仏教というものを知らなかったが、高橋新吉の詩に深く傾倒し影響を受けていた。梅雨に入るといつも歌う。このごろバンド活動を休んでいるが、最近幸弥がなんとアコーディオンを人からいただいて、毎日夢中になって練習しているのに影響され、むかしの自作の歌を思い出すようになった。

続きを読む
posted by ダー at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉・詩・メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする