2020年01月14日

よいセックス

DSC01340 (2).JPG

よいセックスのあとには、いつも青空が広がっている。たとえ曇天でも、頭上は晴れる。すべてをゆるすことができ、何ごともすでにゆるされている。一片の疑いなく信頼があり、世界は初めから良きものだった。信頼し身をゆだねている。自分に、相手に、ふたりをくるむ柔らかい布団に。

何がよいのか、ほかの誰にもわからない。隔てがないこと、愛と憎しみが溶け合ってひとつなること、過去も未来もなくこの存在がすべてであること、ふたりにしかわからない。そこは世の流れとすっかり違った場所だから。

光がさして、すべてのものが煌めいている。霧が晴れ美しきものは美しく、そうでないものも愛おしくなる。遠くの山が近くに見え、近くの物音が遠くにしりぞく。そして、やわらかな息遣いがはっきりと聞こえる。

宇宙の波打ち際で、生と死の間を行ったり来たりした。こちらの現実に目覚めたのは、その波にすくい取られ、ここにそっと置かれたから。木の葉にくるまれ芋虫のように交合った。そうしていつまでもお互いを抱きとめている。何昼夜でも、ひとつの蛹になるまで。

蛹は静かにほどけて蝶になる。鳥になる。花と開き、風に乗り、種となって広い野辺に散らばる。何にでもなれる。雲になり、雨となって降り注ぎ、大地を穿って流れ、地の底に沈み、やがて大洋の底から湧き出でる。波の煌めきに注ぐ太陽となり、光を横切る霧となり、霧は肩にやさしく留まり包む。

ぼくらはすべてのわたしたちなのだ、少なくとも次のいさかいまでは。日常の感情のわだかまりが人をもう一度にんげんの姿に引き戻す。あのオブラートのような静寂は幻想だったのか? それとも、すべてそれらの〈わたしたち〉が再び秩序の部屋へと戻され、名札をつけて並べられたその陳列棚が幻想なのか?

よいセックスのあとには、いつも青空が広がっている。そこには雲ひとつない。ぼくらはまっさらで、疑うことと信じることが生まれる前の原始スープの中に浮かんでいる。ぼくらはひとつで、世界は初めから良きものだった。

posted by ダー at 23:16| Comment(1) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさに至言、ただ長い間遠ざかっていて、忘れてしまいました。今求めているのは性交ではなく情交。
一心不乱にsexに埋没したいです。
Posted by 赤松衛 at 2020年05月18日 22:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。