2019年12月27日

翻訳と執筆とのいくつもの山を越えて〜今年やってきたこと

DSC00652 (2).JPG
(下の畑で種をつける冬のニラ)

乗り越えて、また次がある。ゴールはどこかと言われれば、そんなものは無い。一瞬一瞬を誠実に記していくのみ。その時間が与えられているだけで、幸せだ。つねに締め切りがあるのが、執筆者の業である。いつもどこかで気にかかっている。ストレスと言えるほどのものではないが。

続きを読む
posted by ダー at 23:37| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生は壮大な遊びなのだ(フェイスブック12月18日の記事より)

80683798_10211981728858224_5369635510086008832_o.jpg 79352808_10211981730138256_8036238141322952704_o.jpg

 このごろ一日がとても長いと言ったら、それは子ども時間じゃないかと言われたのだが、実際長い。一日にはたくさんのストーリーが詰まっている。雨のあと谷に立ちこめるもやのように、今日という日は神秘に彩られている。
 君がドロップアウトしたなら、おめでとう! 多くの人が線路を外れられなくて苦しんでいる。君はトップランナーなのだ。ぼくが今、こんなに忙しくて、こんなに暇なのも、最初のボタンの掛け違いがあったから。そのおかげで、楽しいヘンテコな格好になっているというわけさ。
 じゃあ、来年は歌と踊り、つまり自分をいっぱいに解放することを真ん中に持ってこよう。「快感は、人間が天然自然の原理にあった行動をとったときに、神様が人間に与えてくれるご褒美〜野口三千三」なんだ。

posted by ダー at 22:45| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自己価値の不生不滅(フェイスブック12月19日の記事より)

79901605_10211987652886321_8737043239137181696_o.jpg

 大学の授業と般若心経を通して、今年は大きな贈りものをもらった気がする。それは自己価値ということの神秘だ。何かをすれば付くというものではなく、これが自己価値と指させるものでもない。定義すれば、そうでないものが生じる。そういうものではない。

 今年は十大ニュースとか、上げられないほどたくさんあったので上げないけど(笑)、父親の死に尽きる。それ以上大きなことはないだろう。それによって先祖に接続し、まだ見ない子孫に接続し、世界存在に接続し、interbeingの瞑想がリアルになった。

 ワンクリックで世界は変わる。レディネスという下地の上、啐啄同時(そったくどうじ)にそれは起こる。10年前、息子が生まれるとわかったとき、今年父の看取りの場にいて、失われない共有されたものがあることを知った。それを「空(くう)」という。さらに言えば、失うとか、失わないとかいうものではない。
 「不生不滅 不垢不浄 不増不減」

 多くの人が、自己価値感の欠如に苦しんでいる。とくに若者が産み落とされたこの社会の中で、ゆえのない苦しみを負っているのは、まさにこの無価値感ゆえだ。大学生と付き合ってきて、いつの間にか(っていうか必然的に)、授業のテーマが「自分を愛すること」になった。

 それさえあれば、どんな状況でも切り抜けていける基礎体力がまったくついてない状態で、社会人になったとき、たちどころにメンタルがやられる。悪い大人は、劣等感を利用して、無理な労働と服従を強いる。そして「完璧な至福」を餌に、決して報われることのない数十年の「自発的な」有料奉仕にいそしませるのだ。

 完璧な至福は、すでにここにある! それに気づいたとき、自己価値とは、世界の全肯定であることがわかるだろう。すでにここにあるものとして。

〈・・・神が造ったすべての物を見られたところ、それは、はなはだ良かった。夕となり、また朝となった。第六日である。
 神はその第七日を祝福して、これを聖別された。神がこの日に、そのすべての創造のわざを終って休まれたからである〉

 創世記を読み返すたび、震える。世界がこのようだったことを、思い出すからだ。それは愛が普遍である証しであり、愛は不生不滅であるということだ。それは宇宙の存立の根拠である。

posted by ダー at 22:43| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

舞さん通信218号より「自己否定感のもと」

IMG_20191212_0003.jpg

先日大学の授業で、「健全な自己愛さえあれば心身ともに健康になっていく」という話をしたばかりで、妻が発行している舞さん通信がシンクロしたので紹介します。もう218号! いつから続いていたのか、やはり彼女も書くのが好きなのだ。元編集者なので、ぼくの書くものにはうるさいです。文章にすごい量のストックがあるので、本にすればいいのにと言っているんですが。
↓ 以下本文
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
親愛なる皆様。
寒くなったり暑くなったり、不安定ながらも、紅葉の美しい秋真っ盛りですね。
みなさんお元気ですか?

最近シェアしたいことが多くて、この通信も頻繁になっています〜。

先日理科大好きな息子が、がっかりした様子で
「今回理科で100点とれなかったぁ〜」とテストを渡してくれました。
簡単なテストなので、今まで2回100点だったんです。
「そっかぁ、、どこ間違えたの?」と80点のテストを見てみました。

続きを読む
posted by ダー at 22:27| Comment(1) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

半年の連続講座が終わって

DSC00560 (2).JPG
(最後の一日瞑想会@代々木公園、最高の紅葉日和)

半年の長丁場が終わった!という安堵と、次に踏み出していくエネルギーを受けとっている。今年で4年目、ぼくの仕事の集大成といっていい連続講座、今年のタイトルは『ひとつ大きな世界へと踏み出そう! 第4期本気で身につける連続講座〜人と関わる人のためのマインドフルネス〜』

続きを読む
posted by ダー at 17:02| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする