2019年08月28日

消滅する秘境と、今ここという秘境

DSCF1959.jpg
(バリでの最高の映えポイント)

旅をすると、オーバーツーリズム(観光公害)というものを目の当たりにするようになった。自分自身もその一因となっていることが、なんとも歯がゆい。日本の場合には京都が有名だが、本当に地元の人は困っているようだ。

ぼくも講座などでたまに訪れるが、渋滞でタクシーが進まず、途中下車して会場まで徒歩で向かったことがある。ドライバーの情報はいつでも役に立つ。その町の現状を知るのにうってつけだ。仕事にあぶれることはないが、ここ数年で大きく変わったしまった京都を嘆いていた。閑静な古都という印象はすでにない。毎月訪れる鎌倉も、小規模だが中心部は似た様相を呈している。

続きを読む
posted by ダー at 00:48| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

成功という誤解を解くために〜社会にいながら社会に属さない技

68829738_529371861136934_7519530644783759360_n (2).jpg
(レンタルなんでもする人@写真 Miho)

成功という言葉がよくわからない。何がどうなれば成功なのか? 望みが叶えば? 社会から評価されれば、有名になれば、金持ちになれば?

先日も「躁うつ病者の勝ち組」と言われたが、まったくもってぴんと来ない。ぼくは人生そのものに徹底的に負けたのに、何で勝っても意味ないじゃないか。今や、マインドフルネスと言えば島田みたいに紹介されることもよくある。逆らうのも手間なのでそのまま受け入れている。主催者がそう書くことで、集客が楽になるならそれもいい。でも、「それらしく」振舞うことは面倒くさい。

続きを読む
posted by ダー at 12:13| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大の男が働きもせずに〜本で書かなかったこと

DSC09549.jpg
(こぼすなよ、と言われ続けて61年、元気です)

この呪文がぼくを長年苦しめた。少なくとも20代を通じて。それは旅に逃避する動機にもなったし、病気を言い訳にすることにもつながった。でも、どうやって働けばいいのか?わからない。簡単なバイトならできる。しかしそれが続かない。まして常勤とか、ストレスが多すぎる。毎日同じ時間に職場へ行き、残業までする、その上付き合いもあるなんて、気が遠くなる。

続きを読む
posted by ダー at 00:54| Comment(1) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

ぼくに実家はない、ぼくが実家である

DSC09768.jpg
(子どもは放っておいても子どもどうしで遊ぶ)

群馬へ向かう車中にて。

これって、ガンジーの「平和への道はない、平和が道である」のパクリだよねと思いつつ。母はとうに逝き、父も6月に亡くなったので、故郷に対する思いがかなり変化したことを知る。そういえば今まで、父を「目当てに」帰っていたのだ。灯台の光を失った船は、自らが灯台になるしかない。

続きを読む
posted by ダー at 11:33| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

日本に帰ってきて感じたこと

DSC09754 (2).JPG
(このごろよく決め顔を作る島田君9歳三年生の夏、バリ島チャングーtree houseにて)

夏休みらしくあえて読書感想文ふうに(笑)、昨日成田から帰り、あまりの暑さに洗濯以外はほとんど何もせずに夜になった。熱帯バリの風は涼しく、年間通して30度ほどの気温というから楽なはずだ。湿気を含んで35度を超えるような日本の夏は、やはり暑く感じて当然だろう。これからは南へ避暑という時代になるんだろうか。

続きを読む
posted by ダー at 17:52| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月10日

提案に乗った旅からあらたな景色が開ける

DSCF2029 (2).JPG
(135ccくらいのバイク、一日500円でレンタル)

まるで次に何が起こるかわからないゲームをしているみたいだ。このインターネットの時代に、バリ島行くのに何ひとつ調べなかった。妻が全部したのである。いったんまかせると、面倒くささからとめどもなくまかせきりになった。そうなると、バリはまったく未知のワンダーランドである。10年前に一度行っているのだが、ほとんど忘れているし。

続きを読む
posted by ダー at 10:30| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

バリ島の浜辺で絶望とマインドフルネスについて考える

DSC09744 (2).JPG

バリ島西向きの海岸にて。外国人向けの典型的なリゾート地で、息子のリクエストで、日本より高くて質のよくない寿司プレートを波の音を聴きながら昼食にする。砂浜でもwifiが入るところがすごい。南半球からの旅行者たちが、少しでも太陽を浴びようと無防備に肌をさらしている。ここは遠浅だが波は荒くて、泳ぐよりサーファーたちの天下だ。

続きを読む
posted by ダー at 23:19| Comment(1) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

やっぱり旅をしなければ始まらない

DSC09596 (2).JPG

バリ島のウブドでNine Heavenというマッサージスパを経営している矢萩美弥子さんと、リフレクソロジー(脚の施術)を受けているあいだずっと話していたが、共通点はふたりともかつてバックパッカー(自由旅行者)だったということだった。彼女はバリが気に入って娘さんとともにふたりで移住し、ぼくは20数年前に帰国して日本に定住した。

続きを読む
posted by ダー at 09:19| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

求めるものがない旅は楽である

DSC09521 (2).JPG

そう言えるのは、今まで満足いくほど旅をしてきたからだし、歳をとったからだと思う。今回はとくに、自分より妻子の楽しみを優先している。家族の喜びが自分の喜びであるとも言えるけれど、ぼくの父があまり自分自身の楽しみを追求しなかったのも今になるとわかる気がする。

続きを読む
posted by ダー at 09:36| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

世界の空港から(乗り継ぎの合間に)

DSC09268 (2).JPG

マレーシアのクアラルンプール国際空港にて、バリのデンパサール行き搭乗を待つ間に。今まで乗り降りしてきた様々な空港のことを思い出している。敷地内に電車が走るほど巨大な構内だ。ショッピング街も果てがない。腕時計を見てまわったが、空き時間に慌てて買っても失敗するので、コーヒーを飲みながらぼうっとしている。(以下の年代はバラバラで、今の実情とはだいぶ違っているかもしれない)。

続きを読む
posted by ダー at 13:12| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする