2019年04月21日

砕かれて瞑想〜復活祭に

DSC08171 (2).JPG

絶望がないところに瞑想はない。マインドフルネスブームが危ういと思うのは、それが理由だ。健康法であり、ストレス解消や、休息法であるかもしれない。それには意味があるし、ぼくもやっている。でも、それなら瞑想でなくてもできる。

続きを読む
posted by ダー at 22:09| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

日本はアジアだ!

DSC08133 (2).JPG

国際化の波に押されて、そう感じることが少なくなってきている。それでも、コンビニの前でしゃがみこんでいるヤンキーたち、お辞儀を繰り返す勤め人の人たち、はい百億円!とおつりを渡す八百屋のおじさん、そんなことしないでくださいよ、と言いつつ物を受けとる近所のおばさん、みんな大好きだ! つくづくここはアジアの島国で、狭い土地を分け合いながら生きているのだと感じる。

快晴、日中は20度まで上がる。朝車検場に行こうと仕度をしていたら、下の静江さんが筍が出ているよ!と呼びに来た。ゆとり家が管理している土地は、どれほどあるのかわからないが、とても目が行き届かない。他所との境界線のギリギリ10p内側に、新記録級の巨大な孟宗竹の筍が出ている。写真は収穫直後。それを留守宅に置いて、車検場に行った。

車検場には、久々に体験するアジアのゆるさがあった。けっしてだらけているのじゃないが、たぶん出入りの代行業者が多いからだろう、気安いあいさつと職員同士のおしゃべりが多い。やたらに窓口が多く非効率的なところも、むしろゆったりして嬉しい。ひとりひとりが気さくで親切。ユーザー車検(すべて持ち主がやる)初めてのぼくにも、検査場の係が手取り足取り教えてくれる。大きな工場のような建物を車とともに移動するが、油臭さがインドのマーケットを思わせる。

それから平塚の「太古の湯」に入った。場末の街の温泉めいた、コンクリートで作った偽のローマ風呂が嬉しい。平日昼間から、うらぶれ感が漂う。海風が吹いてきて、露天風呂の光は地中海の保養地のように明るく柔らかい。そこから「ラオシャン本店」でタンメンを食す。ここも昭和の時代から健在だ。なぜラーメン屋の女将の多くがやせていて声がしわがれているのだろう? 酒がれなのだろうか? 平塚の路地には、まだ昔からの個人商店が残っている。ぼくはどこへ行ってもそういう界隈を探している。だいぶ歩いた。

このパターンは、まるでオールドデリーの街歩きみたいだ。いつでもごちゃごちゃした路地に入っていく。ガイドブックには危険地帯と記されている。けれど、一度も危険な目に合ったことがない。今までもっともヤバさを感じたのは、オリンピック直後のバルセロナと、ニューヨークのブルックリンだった。それでも、そこに生きているのは人なのだ。最近東京の街歩きがあまり面白くなくなってきた。漂白されている度合いが高い。

コーヒー工場と家電店に寄ってから帰宅し、すぐに森の草刈りをした。夢見るような季節だ。ゲストを迎える前日は、草刈りも楽しい。夜は妻が茹でてくれた筍を食す。激ウマ。とれたてはこんなにも味があったのか! 明日来る人たちにも食べてもらいたい。夜は原稿を仕上げて送信した。ぎっしり詰まった一日だ。それでも、温泉だけは確保した! 
posted by ダー at 23:59| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

塔の崩壊と寂静の祈り

IMG_8650 (2).jpg
(19.4.16)

パリノートルダムの尖塔が崩れ落ちた日
上石神井の無原罪聖母修道院へ行き
サンクチュアリ(聖域)に佇む
左にマリア像 右に御子を抱いたヨセフ像 
中央に 私が生まれる一年前に据えられた磔刑のキリスト像
静かな白光と沈黙に満たされた空間
煙は風にすべてさらわれ
塵は地に降り 呼吸だけが残る

続きを読む
posted by ダー at 20:48| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

手と体を使って暮らす自前主義

DSC08057.jpg
(賢至とぼく)

初めてユーザー車検をすることにした。車検を代行業者(修理工場など)を通して行うと、手数料がめっぽう高くて悩ましい。検査に通すための点検整備などを、全部自分でやってしまえば安くなるというわけだ。

続きを読む
posted by ダー at 12:09| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

生死を超えるマインドフルネスというテーマをめぐって

DSC07988 (2).JPG

西へ向かう新幹線の車中にて。

若葉が無限のグラデーションで萌え立ち、山桜が咲き、菜の花やタンポポ、大根菜の花が季節をリレーしていく。里山に春がやってきた。こうして無事に季節がめぐり来るのは、奇跡だ。とくにこの半年は様々な出来事を、次々と乗り越えねばならず、いつものように新年度を迎えられるイメージが持てなかった。

続きを読む
posted by ダー at 11:30| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

だれもが依存症であるぼくらへの手紙

2019-03-15 (3).png

毎度おなじみの、タレントの麻薬報道に嫌気がさす。報道によって「あたかもそれが国民の総意であるかのような」意識が形成されていく。とっても気持ち悪い。こういった程度の低いスキャンダル騒ぎの裏で、大切なニュースが繰り返し握りつぶされていく。

続きを読む
posted by ダー at 22:37| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

生と死がせめぎ合う3月

DSC07474 (2).JPG
(関東平野を背に:故郷のお墓参り)

日をまたいで確定申告の記入が終わった! 明日は平塚税務署へ直接行って提出、その足で妻とランチを楽しむ。この時期はいつも、苦と楽の両端が同時に起こる。13日はぼくの誕生日だ。ようやく還暦を越して、これからはますます楽になる(と思っている)。こだわりが取れていくのはいい。人生後半になってから、歳をとるのが楽しみだ。

続きを読む
posted by ダー at 01:08| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

オタマジャクシと無常

DSC07442.jpg DSC07441.jpg

紙を大量に消費する仕事である。463ページの本は、今まで作った中で一番分厚い。ぼくは「弁当箱」と呼んでいる、詩集にはふさわしくないけど。明後日から書店に並ぶという。詩は余白が多いから、紙の質や字の配置はなおさら重要だ。その点いつもデザイナーの人は良く考えてくれているなあ。ページを開くと長い旅の始まりのように感じる。

続きを読む
posted by ダー at 18:09| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

安心の中で楽に呼吸ができる

DSC07073 (2).JPG

この半年間で3冊の本を出すことになる。それだけをやっているわけではないので、ほんとにきつかった。1冊目は20年前の訳書の改訂版のための全面改訳、2冊目は分厚い詩集、そして今度は初の著書である。3冊目も何とか先が見えてきた。

続きを読む
posted by ダー at 23:58| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

信力とは大丈夫力のこと

DSC07230 (2).JPG
(ワニはたくさんいたけど、バナナが目立たなかったバナナワニ園)

『ティク・ナット・ハン詩集〜私を本当の名前で呼んでください』が仕上がり、刊行を待つばかりになった。本はすでに読者の側にあり、ひとり立ちした子どものようにぼくの手元にはない。あとは多くの人に育ててもらう段階だ。あたかも子どもが親離れして社会に出ていくのに似ている。あとはおまえ自身の力で生きていくんだぞ、と父親らしく言ってみる。

並行して執筆している自著にようやく専念できるのでうれしい。昨日も会社の研修や当事者会のミーティングを行ったので、暇というわけではないのだけれど、久しぶりに書く仕事はこれ一本だ。外は春真盛りのように暖かく、駆け出していきたいけれど我慢がまん。書き始めれば一切そういうことは忘れる。

本の体裁は、自伝的なエッセイが地になり、キーワードを拾い出してコラムをリンクさせるように考えてみた〜まだどんなレイアウトになるのかわからないが、それは編集者と相談してみる。コラムは今までブログで書いてきたことをジャンル別に分け、書き改めている。たとえば、こんなサンプルを載せてみた。もとは「あなたという現実が変わることがすべて」の全面的な書き直しだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

続きを読む
posted by ダー at 11:07| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする