2017年07月17日

末期の水と泳ぐ瞑想

DSCF3642のコピー.jpg
(彼女の絵はいつも黄泉を思わせる)

ぼくの連続講座では、毎回参加者の皆さんに、次回までの課題をいくつか出している。“新宿教室”での前回課題には、「水とともに暮らす」というのが含まれていた。体の内なる水、外に存在する水に深く触れてレポートするというお題である。一人ひとりの課題を読ませてもらうことと、それにコメントする時間は講師冥利につきる。至福の時間といってもいい。一人ひとりの豊かな体験に触れ、対話できるからだ。

続きを読む

2017年07月10日

京都ラブ ♡

DSCF0649のコピー.jpg DSCF0637のコピー.jpg DSCF0644のコピー.jpg
(妙心寺での講座風景:歩く瞑想、リラクセーション、雨の縁側)

京都は盆地特有の猛暑の昼を経て、夕方に石畳に打ち付ける土砂降りとなり、雨が上がると涼しい風がお堂に吹き込んでくる。ぼくらは広い縁側に並んで腰かけ、水気をたっぷり含み柔らかさを増した苔をうっとりと眺めていた。

続きを読む

2017年07月03日

万策尽きたことを認める

DSCF4207のコピー.jpg
(濃いふたり)

なかなかこれが難しいということを、改めて感じた対話があった。まだできる、まだまだできると自分に言い聞かせてこじらせたり、人に責任を見つけ出して責めたり、心を麻痺させて閉じこもったり、他の刺激で穴埋めしたり、自分はもっと大きな存在だと急にスピリチュアルに変身したり、平気を装ったり、、、はできる。

続きを読む

2017年06月27日

マインドフルネスモードで生きる

スキャン.jpeg

安曇野シャンティクティの2日間マインドフルネス・リトリート(合宿)を終えて、色々な言葉の響きが体の中でこだましている。今年に入って、ほとんど毎週のペースで講座・研修・瞑想会など、マインドフルネス関連の仕事・行事が続いているが、泊まりがけでじっくり味わえるリトリートがやはりいい。

続きを読む

2017年06月19日

あなたが仕事を選ぶのではない、仕事があなたを選ぶのだ

DSCF4178のコピー.jpg
(今日箱根のレストランで)

よく自分の好きなことをして、それを仕事にしたいという話を聞く。今の仕事に満足できないのだ。他に自分に適したことがあるはず、今の自分は本当じゃないと思う。

わからなくもない。ぼくも仕事を持たずにいた時期が長かった(かといって学校にも行っていなかった)ので、今の自分は本当じゃない感がずっとあった。かといって、何をしたらいいのかわからない。ずっと自分の欲求を封印してきたので、本来の欲求がわからないのだ。そういう人が一番苦労する。ぼく自身がそうだったから。

続きを読む

2017年06月15日

子どもの世界もけっこう大変だ

DSCF4140のコピー.jpg
(今日の木曜瞑想会〜森にて)

息子の小学校入学後の変化がめざましい。保育園の頃はなんでも親がかりだったのが、急速に自立に向かっているようだ。数ヶ月前に比べて明らかに大きなギャップがある。

息子が行っていたのは、比較的教育熱心な保育園だった。それでも幼稚園と違って教育施設ではないので、泥んこ裸足で遊んでいる時間の方が長かった。それが一転して、4月から机に向かって整列し、姿勢を正して先生の話をきかねばならない。

続きを読む

2017年06月12日

履歴書に書くとすれば、これがぼくのキャリアです

DSCF4108のコピー.jpg
(森はいま枇杷だらけ)

そういえば今まで就活ってしたことがない。もちろんアルバイトの時に面接なんかをしたことはあるが、この仕事で行こう!と思ってガチで挑んだということがなかった。

職業生活は、今までなんとなく騙し騙しでやって来たが、このままでいいはずがないと思いつつ、ついに(世間でいう)定年まで来てしまった。就職したことがないのに定年(笑)、最近ネタで使わせてもらっている。

続きを読む

2017年06月11日

幻であると知れば、過去を楽しむことができる

DSCF4039のコピー.jpg DSCF3928のコピー.jpg DSCF3990のコピー.jpg
(それぞれ別の日だが、近所である)

6月初めから、通訳を計4日こなし、今週は3本の講座がたて続けにあった。さすがに濃密すぎるので、カリフォルニアのような乾いて爽やかな風吹く梅雨の晴れ間の1日に、都合を合わせて妻と箱根の温泉に入り、遅めのランチを小田原でとる。

続きを読む

2017年05月29日

私にできるのは、許されているのを知ることだけ

DSCF3690のコピー.jpg
(祈りは最高に積極な行動である:ゆとり家の森にて)

私はついに許すことはできないのだった。それを知ったときにはじめて、許しについて考えられるようになる。「ある範囲までは許せる」というのは、許容であって許しではない。手放しで許せばすべてを失うかもしれないと思ううちは、許しとはほど遠い。

続きを読む

2017年05月16日

出会いの錬金術

DSCF3593のコピー.JPG
(お寺のコーラス隊との共演)

この1週間は、外向きの講演やワークショップが6本も入っている。連休にゆっくり休んだからよかったが、さもなくば、少々やばいことになるところだった。明日は暖かくなるといいな。

ぼくの病院勤務時代の同僚が出家して妙照さんという尼さんになり、廃寺になっていた黄檗宗の寺を再興して10年ほど前から住んでいる。寺は岐阜の各務原市(かがみはらし)にある。初めての土地で、名前さえ読めなかった。そこで今回講演会をさせていただいた。

続きを読む