2020年02月20日

呼吸はもっとも身近な自然

DSC02166 (2).JPG
(多くの人が準備し、参加してくれた)

波のように寄せたり引いたり、生まれては消えていく。生滅する。その循環リズムに慰撫される。呼吸は内なる自然、もっとも身近ないのちそのもの。呼吸に帰れば、私が呼吸であることがわかる。分かれてはいない。今ここに、いのちの働きしかない。それだけが永遠であると知る。

続きを読む
posted by ダー at 22:10| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

死とセックス

DSC02069 (2).JPG
(まさに求めていた一品、味だけではなく状況も)

詩友が言うには、埴谷豊は(死霊の中で)、人間の自由は自殺することと独身でいることだと言ったという。ときおりこの言葉を思い出すのだが、それはそうだろう。どちらも動物的本能に反する行いだ。
 (正確には〈人間に出来る意識的行為には、自殺すること、子供を作らないことの二つがある〉死霊2より)

続きを読む
posted by ダー at 18:55| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

詩と真実

DSC02033 (2).JPG
(朽ちるもの、残るもの)

朝のスタバで
「サイズはいかがいたしますか?」
「Mで、Mサイズ」
「トールでよろしいですね?」

この西洋風の学食スタイルの喫茶店では、トールと言うのである。そして、店員はあくまで粘り強くやさしい。ふと、彼女の話し方が、子どもに言って聞かせるようにゆっくり噛んで含めるようであることに気づいた。子どもか、見ようによっては孫の年齢と言ってもいいくらいだ。

続きを読む
posted by ダー at 11:41| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

自分を愛さなければ何も愛せない

DSC01949 (2).JPG
(となりの果樹園直送ジュース)

最近大学の授業やカウンセリング、講座などで感じていること。「自分自身への接し方」がすべてに通じる。日本人の自己評価がとても低いことを公的なアンケート調査で知ってから、ときどき自己価値について話題にするのだけど、とくに若者においては他人ごとではない。彼らの心の痛みが浮上してくる。

続きを読む
posted by ダー at 01:41| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

ありのままであること

DSC01658 (2).JPG
(今日の温泉からの帰り道)

ありのままであるとは、何かを獲得することではない。現にそうであることを認めること、明け渡し、諦めること=明らかに見ることだ。それがとても難しくなっている。

続きを読む
posted by ダー at 20:44| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

すべてが本業だと言おう

DSC01541 (2).JPG

今日は焚き木を集めた。長く続いた雨が上がり、落ちた木の枝もほどよく乾いている。どんな仕事が待っていても、今こそ行かねばならない。それを「里山の声」と呼んだことがある。95歳で大往生したエイイチさんは、つねから里山の声に耳を傾け、体を動かしていた。だから世間的に見れば偏屈なじいさんでも、真に我が無く、蜜柑もぎをやめて一週間ほどで何の前置きもなく逝った。

続きを読む
posted by ダー at 18:36| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月29日

私たちは流れの中で個をもたない純粋意識である

DSC01494 (2).JPG
(高速で走る中央線の車窓から見た都会の空)

かつて誰もがそれを知っていた、生まれる前に。やがて誰もが知るだろう、死んだ後に。死者との対話からそれを感じることができる。死者と交流すること自体が、私たちが共通する意識で結ばれている証拠だ。

続きを読む
posted by ダー at 22:11| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

伝わるということ

DSC01467 (2).JPG
(K大学における太極拳の実践〜お願いしたゲスト講師森さんは87歳!)

人前に出ることが多く、いつも見られている。それ用の自分を作ることはしないというか、できない。しかし場に作られることはあるようだ。人の影響を容易に受けやすい。ぼくに会うと、直前に会った人がわかると言われたことがある。それって面白い、リトマス試験みたいだ。滴が垂れたまま次に移るのだ。

続きを読む
posted by ダー at 22:27| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分とつながるということ

DSC01416 (2).JPG

今年は自分への入力を大切にしようと思い、会えるときに会いたい人に会いに行くことにした。会えるときを制限しているのも自分なので、概念が自分を引き留めているということなのだ。シンプルなことを複雑にする傾向がある。英語ではprocrastinationというピッタリの言葉があるが、逡巡?という感じだろうか。

続きを読む
posted by ダー at 00:15| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

自分らしく生きるには孤独であることが必要だ

180921snufkin_1.jpg

いつも仲良く、つるんでいる人は孤独になりえない。人と折り合うことばかりに気を遣い、ちょっとした摩擦に心を痛める。その人にとって一番大切なのは、仲がいいことである。仲良しであるために少々は我慢し、譲り、謝罪することを心がける。それはとてもいいことだ。悪いわけがない。

続きを読む
posted by ダー at 22:56| Comment(0) | スピリチュアル・瞑想・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする